誘爆してんだ

だいたいのことは、たとえば100として97くらいは、当然のようにうまくはいかない。
大事なことはいつも伝わらない。大切なものはすっかりと懐かしく変わる。
そんなものの方が、圧倒的に多い。

目に見える大抵の事は等しく壁の向こう側で、薄暗い眩しさを誇っている。
競うように手に取り、はためかせるその喜び達が、僕にはどうにも馴染まない。
そしてもちろん、僕にはその必要がない、馴染ませることも、受け止められることも。

届かない光でも、照らされるより放つために。
そうして生きてきたし、そんなふうに、生きている。

100、そのひとつひとつにエネルギーがある。
3であっても、たとえば何百倍の喜怒哀楽で、すべてを凌駕すればいい。
大事な人にいつも伝わらず、大切な人がすっかりと懐かしく変わっても。
そのすべてを凌駕すればいい。
posted by SASAYAMA. at 02:59Comment(0)日記