ニューアルバム「SCREEN」

『BLOG、Ustream、PODCAST、Twit Casting等、様々な画面越しに彩られ、十周年を迎えた灼熱の2018、夏!切っても切れない、たくさんの「SCREEN」を通して、重ねられてきた楽曲たちを、一挙16曲収録!無数のソーシャルエンカウントから始まった全ての出逢いに感謝を込めて、それでは今夜も、どうぞお聴き下さい。』

ニューアルバム「SCREEN」の帯コメントにはこう書いたが、実際良くまとまっていると思う。
今作は、おそらく、ある意味では「ベストアルバム」でもある。

一体なんのベストか、というと、自身の活動から欠かすことのできない「画面越し」の種々。
そこからリアルなスクリーン、つまりはそれぞれの視界、心に映るものが軸になっている。

といえば綺麗に濃縮できているようにも思えるが、ではその実態はというと、寄せ集めでもある。
つまりは、ぐちゃぐちゃなのだ。後ろ向きでなく、とても能動的に、積極的に、無秩序な一枚。

そして、それこそが、この「SCREEN」の真髄でもある。
表現としては、一曲一曲の楽曲単価が高いのだ。
聴く人それぞれに、思い思いの捉え方、などというレベルでなく。

出会ってきた様式やタイミングによって、想起するものに差異が激しすぎる。
また、それらを全く知らない人にとっても、とても聴きやすいものにした。

そういった意味で、異彩を放ち、異様を誇る今作なので、今回は初めてのことをやろうと思う。

長くなったが、ライナーノート、それもセルフで、楽曲単位で記事を書いてみることにした。
とはいえ、とても珍しいことなので、どうなるかはわからないし、ペースはゆるく。
また書けること、書かないこと、が当然あるので、クオリティにはご容赦いただきたい。

楽しめる方には、ほうほう、と楽しんでもらえればありがたい。

sukuri-nn400.jpg

この記事へのコメント