貴種流離

スピーク・ライク・ア・チャイルド。子どものように話そう。
あの頃は良かった、あの頃が懐かしい。
いつか誰もがそう言えるくらいには、誰もが等しく時間を食らい、目は高くなる。
よいものを選ぶ、ということが、ひとつの生き抜く為のひとつの指針となる。

ものなのだ、と錯覚する。

スピーク・ライク・ア・チャイルド。子どものように話そう。
君となら、何を話すだろう。あなたとなら、何を話すだろう。
たとえば夢、たとえば希望、たとえば嘘、そしてたとえばまだ見ぬ日々だ。

すべては、まだ縛られはしていない心が生み出す旅の種子。
花を咲かせるものだけが種ではなく、枯れゆくものだからといって悪でもない。
幾度言ってきたか、同じように、ただ、そういうこと、というだけだ。

種は種であるだけで素晴らしい。
花は花であるだけで素晴らしい、わけではない。
また、素晴らしい、こと自体が、尊い、ということではない。
素晴らしさの価値も、尊さの価値も、自己以外の何かによって決まってゆく。

ものなのだ、と錯覚する。

スピーク・ライク・ア・チャイルド。子どものように話そう。
決まるものではない、決めるものだ。
夢も希望も、嘘も日々も、すべての旅も、あるいはその種も。
決め続けることは、それでもひどく、難しい。

知りもしない者達が、存在したその瞬間、諸手を挙げて迎え入れる尊さを、愛とは呼ばない。
だが、その両手には、見えない無限の種が握られていたのだ。
咲いたのか、枯れたのかに関わらず。
たくさんの時間を越えて、たくさんの想いを込めて、尊さを存在させる。

ものなのだ、と錯覚する。

尊いものは、存在するその前から尊さを選ばれている。決まってしまうものは、多くはそうだ。
そこに追いつくことができるのか、試されているのは、いつでもそういうことだ。
それでも、決めるのは自分でいい。そうでない限り、咲くことは決してない。

スピーク・ライク・ア・チャイルド。子どものように話そう。

夢の話を。旅の花の行方を。そしてたとえば、捨ててきた種を。

聖剣

たとえば人が描くものだけでもいい、願いの種類は一体どれほどのものだろう。
そこかしこに転がる当たり前はもちろん、反対側にも必ず在るのが、願いというやつだ。
当たり前に望みはしなくとも、望まないようにしているであろうそれら、も。
実は、と言わず、いつでもそこかしこに潜んでいる。

隠したいそれと同じように、息を潜めて、こちらを見ている。
それを隠しきる材料こそが正しく、清らか、だという何かに他ならず。
また、手にした人々は我が物顔でそれを奮い、自己証明を求め続けるのだ。

争いは、善悪では起こらない。結果が呼び出すものは、全てが欺瞞だ。
正しさと正しさとが衝突、に見せかけながら手を組み、じっくりと生み出す魔物だ。
魔物を打ち倒す象徴、魔を上回る何かが聖なる力、となる。

だがしかし、聖なる力、と一口に言えども、それも結果でしかなく。
敗れ去り、消えてゆくものが魔だと言うのは、いつでも生き残るものだけだ。
生き残れば聖となり、枯れ果てれば魔となる、そのどちらもが、何かの願いだったろう。

愛はといえば、本当はどちらにもある。
結局は選びゆくものでしか、その何もかもは測れない。
生み落とし、感じれば、手に取り、選び、捨てろ、そして愛せよ。

わかるか、人間どもよ。
わかるだろう、人間ならば。

その形代は時に剣となり、後世、誰かや何かの都合で、そう、と、呼ばれる。
ただそれだけのことだ。

虹の蛇

たとえばそんな時、そんな朝、そんな夜には、大切なそれをまたひとつ、心から追い出すものだ。
いつでもどこにでもある、向き合う振りをしたそれを、大切さを見せつけるばかりのそれを。
いつでもどこにでも、いくらでも。悲しみとは、さよならをなぞる前の道筋にただ落ちている。

大切な朝も夜も本当はいくらでもあるものだが、それは驚くほど当たり前の顔で、足取り密やかに通り過ぎてゆくもので、気付いた時には静かに終わっている。
俺達は、僕たちは、わたしたちはいつでも同じことを知らない。せめて同じだけ、自分だけ、貴方だけ、そう思い願うのは手遅れの為だったろうか。

闇の泉にうち潜み、棲み家を探してさよならをしよう。
十重二十重を創造し、二千年の雨を呼んだなら、別離の虹を渡るのだ。
殺された蛇に言葉はなく、永遠の命など誰も必要としない。
同じように、そこには最初から何もなかったのだ。

都合の良い何かのために、また別の何かが奪われている。
それすらも全てが理由であり衝動である仕組みを、否が応でも飲み込んでいる。
この世界こそが、途轍もない蛇の模倣だ。

雨の向こうにかかる虹を、見たいと願うあなたに愛を。
始まりの夜は迫っている。

ここからの一年間の核、幕開けに向かって夜は深い。